体重増加は心の不調ーリバウンドとさよならしよう

もともと私は、中学生の頃までは平均的な体重である50kg前後を維持していました。

しかしちょっと人間関係に馴染めないことで悩むことがあり、それを機に精神科へかかり始めた頃です、一気に体重が増えたのは。

2か月で48kgから62kgへ。実に15kg近い増加でした。

何故増えたかと言うと、ストレスからの過食です。美味しい美味しいと食べるのではなく「ああもう、人生やってられないよ!」といった気分で無茶食いをしていました。

そんな自分の過食に気付いた時には、60kg超。

思春期も重なってたため「これは危ない!痩せなきゃ!」とダイエットを決意します。

まず近所の薬局へ行き、「置き換えダイエット」と謳われているダイエット食品を買ってきました。

そして運動もしなければいけない!とウォーキングと筋トレを開始。

精一杯の食事制限と運動のお蔭もあってか、わずか半年で54kgまで減らすことが出来ました!

でも、本当の大変さはここからでした。ここからが地獄です。

もともと食べることが大好きだったので、晩ご飯を抜いて美味しくもなんともないシェイクやビスケットに置き換えたことで、物凄いストレスでした。

運動は好きだったものの、学校から帰ってきて人間関係で疲れて、でもまたウォーキングしなきゃ…と重い足を上げるのも辛かったです。

その為か、50kg目前まで落とせたのを機に食事制限も運動もサボり気味になり始めました。

そうしたら所謂「リバウンド」の始まり。でもストレスが溜まって情緒不安定だった自分はまたも、過食している自分に気付く暇が無かったのです…。

三食のご飯はダイエットを始める前と同じ量でしたが、間食の多さが凄かったです。ポテトチップスや甘いお菓子など、口寂しいと思えばすぐに食べていました。

そんな生活を1ヵ月ほど、それだけで「あれっ、これもしかして以前にもあったような…」と気付き体重計に乗ったら60kgどころか65kg近かったです。

もうダイエットをするのも嫌になり、だからと言ってやけ食いする事も無く、その後は学業に専念して体系のことは忘れてました。

それから1年ほど後、情緒不安定だった思春期ピークも終わり、心にゆとりが出来た時に計ったら48kgに戻っていました。

この経験を通して感じたのは、「体重の増加は心の不調」という事です。

心がアンバランスな時にいくらダイエットしようとしても、駄目です。必ずリバウンドします。

ダイエットを成功させるには、「痩せなきゃ痩せなきゃ」ではなく「少しずつ減らしていこう」という心のゆとりを持つのが大事だと思います。

参考サイト リバウンドしないダイエットなら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ